バイオリン応援団☆いちろーたのブログ

人生100年時代を楽しみつくすマインド&フィジカルを育て鍛える、姿勢と構えのレッスンメモ

【身体も音も磨く】ウソかホントか。手を見るだけで音が変わるなんて。

いちろーたです。

音楽するためのカラダ磨きって、特別な事は何もないです。

見るだけ。

演奏に使う「手」を見てください。

ただ見るだけなんですけど、慣れないうちは見るのは自分の手にしておいてください。それが一番無難です。

……隣りにいる誰かさんの手を見つめてもいいですけど、あらぬ誤解をうむとややこしくなりますから。そういうややこしいことがお好きでしたら止めはしません。

「この人の手を見る」と覚悟が決まったら、思う存分、気の済むまで手を見ましょう。

ちなみに、覚悟の決め方は「よし、手を見るぞ」と声に出すだけです。
これは他のことにも応用が効くので、いつでも気軽に使ってみてください。

「よし、ご飯をおかわりするぞ」
「よし、今日は練習をサボるぞ」
「よし、もうちょっと寝坊するぞ」

……などなど。

 

 

話を戻します。手を見ることの続きです。

手を見ていると、いろいろ見えてきます。
毛穴がいくつあるのか、どうして毛のない毛穴があるのか、手相が若いころと違うなあとかいろいろ雑念も湧いてきますけど、むしろオッケーです。雑念が湧いてきたら「ふふっ、オモシロイ」とほくそ笑んで、手を見続けましょう。何も笑いがこみ上げなくなったらおしまいにしてください。

 

どこまで本気なのかわかりにくかったかもしれませんが、こんな具合で「見る」をやってみてください。わかることがあります。

何がわかるかは、やってみてのお楽しみ。

ああ、タイトルでネタバレ済みでした。
そう、音が変わります。
あと、手も変わります。

どう変わるかはあなた次第(笑

 

音も手も変わらなかったとしたら、それはおかしい。

本当に「手を見る」という覚悟をしたのか。
飽きるまで見ることをやめなかったか。
本当に手を見ていたのか。

振り返ってみてください。

「よし、手を見るぞ」と声を出すのは、割と簡単。
意外に難しいのは「飽きるまで見る」かも知れません。
難しいと感じたなら、キッチンタイマーを5分とかでセットしておいて、タイマーが鳴るまでは手を見ることにしてもいいです。

ともあれ……どうやって見ていたかとか、見ているあいだ何を考えていたかによって、音や手の様子が変わるというのが、今回体験いただきたかったことです(あーあ、ネタばらししちゃった)

というわけで、やってみてくださいね。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-楽器の要らない構え方トレーニング