【バイオリンの音を出すのが怖い】怖がる前にコレをしよう(笑

音出すの怖いときって、ありませんか?

どうも!バイオリン応援団☆いちろーたです。

★音を出すのを怖がる前に、コレをしろ(笑★

 どれって、コレです。

 コレとは、フランス語で接着剤とかニカワとかそういうものを指す言葉です。
 弓の毛を弦につけなさいってことです。

 弓の毛をくっつけないことには、弦をこすれないですものね。

 コレという言葉には、指弓とか、そのほかいろんな意味もあるようです。
 言葉の意味とか成立過程に興味があるなら、是非シソーラスなどを調べてみるとよろしいかと思います。

 怖がりさんあるある、知ってますか?

 《怖がらずに済む方法を選んでいない》

 だから、安心して音を出す方法を選びましょう。

 暗い道が怖いなら、明るい道を選びましょう。
 暗い道しか無いのなら、道を明るく作り変えましょう。

 忘れ物が怖いなら、持ち物リストを作る?

 それでも忘れ物をするのがこの僕です(汗
 持ち物リストをどこにしまったかを忘れますからね。

 忘れ物が怖いなら、部屋にある「いらないものを捨てる」のが根本的な解決だそうです。
 じつは、実践中です。

 バイオリンで安心して音を出すにはどうしましょうか?
 何が怖いんでしょうね?

 怖さに向きあう時間を作ってみましょう。
 《向き合う時間を作る》というのは《質問をして、こたえる時間を与える》ということです。

 「音を出す時に、何が怖い?」

 音が出ないことが怖い
 思ったのと違う音が出るのが怖い
 出した音に誰かがコメントをしてくるのが怖い
 音とか関係なくて、いっしょにいる人の目つきが怖い
 一緒にいる人とか関係なくて、明日の朝起きられるかどうかが怖い

 ……何が怖いかわからないから怖い、というのが怖さの正体だったりもします。

 「私はどんなときに怖がっているか」
 「それが怖いのはどうしてなのか」

 を調べてみましょうね。

 なーんだ、私は”これ”のこういうところを怖がっていたのか!

 ってわかれば、怖がる前に笑いがこみあげてきます。
 次からは、怖がっている自分を指差して笑えるようになりますよ。

 僕の体験談でした。

 では!

●今回のまとめ
やることわかったら、さっさととりかかれ!
怖がっていられるほどヒマじゃないでしょ?


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール