バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

【バイオリンの先生】弓を持つ親指が曲がらない生徒さんを、どう教えたらいいかわからない

2018/01/03

「弓を持つ時、親指を曲げられません」

あなたがバイオリンの先生だったとして、生徒さんからこう言われたならどうしますか?

大事なのは、カタチを教えることではありません。
いったい、何を教えればよいのでしょうか。

大切な生徒さんを挫折させたくなかったら《何を教えるべきか》を学びましょう。

バイオリン応援団☆いちろーたです。

「形の作りかた」から入って、結果的に音がゴキゲンになっちゃうレッスン

そんなお声もいただいているのが、いちろーたのレッスンです(^^)v

 教則本の「弓の持ちかた」を読むと
 親指はここに置いて……
 他の指はこの位置に置いて……
 それぞれの指は、どのくらいの角度に曲がっていたらいいか……

 が書いてあったりします。

 それでできちゃう人はいいんです。

 問題なのは

 「そんな曲げかた、できません」
 「曲げたいのに曲がらない」
 「はじめは曲げているけど、ひいているうちにまっすぐに伸びてしまう」

 というときにどうするかです。

 さすがに教則本ってそこまで書かれていないように見えます。
 よく読めば、答えが書いてあったり、書いていなかったり。

 結局、わからないままになることもあります。

 というわけで、指導者の言葉選びで大事なのは
 《動けるようなメッセージを渡す》
 ということになります。

 いまから発する言葉が相手にとって《動けるメッセージ》なのか
 それとも《動けないメッセージ》なのか

 判断できるようになっていくと、レッスン力がアップしていきます。

 さらにレッスンスキルのアップを目指すなら
 生徒さんが抱いている《動けないメッセージ》を見つけ出して
 《動けるメッセージ》へと変換してあげられるようになっていきましょう。


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-教えるスキル・指導力アップ