★立奏でも座奏でも腕が疲れやすいあなたへ……下半身と腕をつなげよう★

バイオリン応援団☆いちろーたです。

この記事を見つけてくださったということは、もしかして……
たった5分ほどの演奏でも腰や背中が痛くなったりしていませんか?

結論だけ知っても役に立たないのですが、先に結論を言います。
下半身を演奏に活かすには、股関節を知りましょう。

立奏でも座奏でも、股関節のうえで頭と脊椎がバランスをとっているから腕が自由な状態を作れます。
腕がより自由であれば、有利な条件で演奏ができます。

股関節をどうやって使いこなすのか、学び始めましょう。

こんなことをいうのは
下半身が演奏に参加していない人は、骨盤や脚などを演奏のときに仲間はずれにしていることが多いからです。
いままで私のところにレッスンに来た人の話をきく限りですが。

演奏中に背中や腰が痛くなるのは、理由があります。
本来、股関節にやらせておけばいい仕事を、脊椎で引き受けてしまうと脊椎の自由度が下がります。

演奏できるために大事なのは「頭と脊椎」が自由に動けることです。
「頭と脊椎」の自由がなくなると、動きづらくなります。

ほんのちょっと自由を奪ってしまうだけでも、かなり動きづらくなります。
……ということは、ほんのちょっと自由を取り戻すだけで、かなり動きやすくなります。

《頭と脊椎》は意外なほど全身への影響力を持っています。
それと同様に、股関節というのは、意外なほどに腕への大きな影響力を持っています。

4年ほど前に、股関節のことを書いたブログをご紹介します。
【ヴァイオリニストのための解剖学入門】ボウイングが変わる!股関節が演奏を助けてくれる秘密とは?(股関節・その1)〜腕と股関節は繋がっていた?!

おまけ……「頭と脊椎」を固めるとどうなるか。
簡単な実験はブログでもご紹介しています

【ふたりでできる】バイオリン奏者のための首とアゴの固さをやわらげる実験♪

こうした解説や実験はセミナー・学習会等で体験いただいています。
メルマガでご案内していますので、ご興味あるかたはご登録くださいね。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール