バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

【筋肉を活かす構え】広背筋を味方につけて省エネ快感ボウイングをマスターしよう

2017/08/11

バイオリン応援団☆いちろーたです。

ボウイングですぐ疲れちゃうあなた!

広背筋を今すぐ味方につけましょう

広背筋を演奏に活かすために

広背筋はどこにある?

広背筋は腰椎と上腕骨をつなぐ筋肉です。

広背筋のカタチや大きさは?

けっこう広くて大きいものです。

これが
邪魔しているのか
助けてくれているのか

省エネかつ快感の得られる
ボウイングができるかどうかは
ここにかかっています

それくらい《重大な役割》を果たしてくれるものです

広背筋を見よう

色んな意味で広背筋がどんだけ《大きい》ものかを知ってほしいので
イラストをご用意しました。

広背筋
これが広背筋です

人の立った姿を後から眺めて、骨と広背筋だけにしたらこんな感じに見えます。

どう役立つかを考えよう

想像通りでしたか?
どの骨とどの骨を引っ張り合うようにできているかわかりましたか?

腰椎(腰エリアにある背骨)と腕とをつないでいます。この筋肉が緊張しっぱなし(収縮しっぱなし=チカラが入りっぱなし)だと、腕の動きがやりづらくなります。これは、想像しやすいのではないでしょうか。

働かせたいなら、うまく休ませよう

この筋肉って
「気をつけ!」
したら、そのあと働きっぱなしになります。

「休め!」
って言われて、背中の方で手を組んだとしても
やっぱり働きっぱなしになります。

というわけで広背筋に休暇をあげましょう。

お休みさせるには
《しなくていい仕事》を
他の筋肉や骨に任せる必要があります。

どんどん他の《仕事のできる筋肉や骨》をみつけて
お任せしちゃいましょう。

さいごに

そして、ここからが大事なところ

ボウイングする時に
この広背筋がどんなふうに役立つか
どんなふうに邪魔するか

どちらの可能性も考えましょう

どうすれば
広背筋がボウイングを
助けてくれるようになるのか

知識として学ぶだけでなく
実際に体を動かして
演奏に役立てられるようになりたい人のために

《構えのセルフケア・セミナー》を随時開催しています。
セミナー開催情報はメール講座の読者さんに優先してご案内しています。

ご興味があれば、この機会にメール講座へ登録しておいてくださいね。

右肩の肩甲骨の下あたりに違和感が出やすい
腰が片側だけ引きつってくる
練習していて楽しくない
疲れが翌日に残る

こうしたことで人知れず悩んでいるのなら特にオススメです


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-体の仕組み・動きを考える