バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

「だってバイオリンを弾けたらカッコイイじゃん!」その少年の現在の夢は?

2017/07/31

バイオリン応援団☆いちろーたです。

私は

「死ぬまでに一度でいいからバイオリンを弾いてみたい!」

って思っていました。

と言っても、必死に願っていたわけではないです。

「だって、バイオリンひけたらカッコいいんだもん」
という程度のことでした。

その願いは高校生の時に叶ってしまいました。

あれからもうすぐ30年……

バイオリンは、もはや私自身の一部になっています。

バイオリンを手にしていなくてもバイオリンのことを考えているだけで幸せな気持ちになります。
それくらい大きな存在となっています。

もちろん
バイオリンを手にとって演奏することは
さらに大きく深い喜びを
私にもたらしてくれます。

先日、数百人の前で演奏する機会がありました。
ある集会の記念にと依頼された演奏です。

ピアノとのデュオ
わずか10分足らずの出番でしたが
2曲を演奏しました

演奏を終えて声をかけてくれた人が何人もいました

「曲は知らないけど、感動して涙が出たよ」
「ジーンときちゃった……バイオリンってあんな音がするものなのね」
「うちの孫にも習わせます!」
「癒やされたわ。それだけじゃなくて《また元気に頑張るわ!》って思えたわ!」

など、様々に感動の様子を語ってくださったのです。

《聴く人に何を与えるか》
《そのために何をするか》

演奏するときに私自身に問いかけていることです。

この問いかけが
私自身から無限の活力を
取り出す秘訣かもしれません(^。^)

あ、ちなみに「少年」っていうのは
僕のことです。

いまの夢は、

バイオリンを弾く人が増えること

それによってコミュニケーションが豊かになって
世の中から殺し合いがなくなること
貧困で苦しむ人がいなくなること

生まれてきて
本当に良かった

と思う人ばかりになる社会にすること

です。

では!


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-教室ニュース