【ラストシーンから始めよう】演奏で感動を与えたいあなたへ


いちろーたです!

スピルバーグはラストシーンから映画を作っていった。これ有名な話。

なぜそうするのかを考えてみる価値がある。キーワードは感情。

ゴールからの逆算と言うでしょ。これは正しいんですけど、途中から「ゴールに着かなきゃ!」って苦しくなりがち。身に覚えがあるはず。

「ゴールに着かなきゃ!」はキツい。

でも、「お布団でモフモフしたい!ここゴツゴツして気持ち悪いから!」だったらお布団ゴールに行ける。

モフモフしてるときのハッピーな感じを五感の全部で思い浮かべることが大事。

だから仏教でもなんでもいろんなたとえ話があるんだね。

演奏するときも同じこと。

自分の奏でた音を受け取った人が、そのあとどんな体験をし始めるのかを想像してみたらどうでしょうかね?

そうやって送り届ける演奏は、演奏しているあなた自身にはどんな感情をもたらすでしょうか?

『想いが伝わるバイオリン演奏をしよう』
バイオリン応援団🎻
石川 一郎(いちろーた)


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール