バイオリン演奏を楽しむ構え方を身につけよう☆バイオリン応援団

構えのセルフケア講座。音楽の喜びを満喫できるコンディションづくり。ラクな動き・気持ちよく・自由に楽しめるココロとカラダのやさしい使い方。頑固なクセを手放すレッスン。アレクサンダー・テクニークに基づいた教え方の研究。東京都府中市の教室。

『質問を作り出すチカラ』でバイオリンはうまくなる

社会人2年目の皆さんへ……

「そんなに大事なことなら、最初に言ってよ〜!」

ってことありますよね。この一年でたくさんそういうこと、あったんじゃないでしょうか。

たとえば、自分の教育担当者から「わからないと思ったら、なんでも聞いていいよ」って言われたけど……

話しかけていいのは、いつ?
なんて言って話しかけたらいいの?
こんなことで話しかけてもいいの?

……とか。

自分では疑問だとも気づいていないモヤモヤした疑問のタネみたいなものを、どうしたらいいのか……みたいなこと。

実は、このささやかな疑問に気づいて解消していくことこそが仕事における『底力』です。

バイオリン演奏のレッスンでも同じことがいえるんです。

レッスンを受ける側として「レッスンを上手に受ける方法」つまり、学ぶための『底力』を身につけることが大事。

別の言葉でいうなら『質問を作り出す力』ですね。

これを鍛えていくのが《習いごと》の意味であり面白さだと思います。


 構えのセルフケア入門テキスト『あご当てのトリセツ』を無料でダウンロードできます。レッスン優待キャンペーン中です。この機会にぜひどうぞ。

『あご当てのトリセツ』
〜演奏がラクになる・練習が楽しくなる・構えのセルフケア入門〜

  構えのセルフケア入門テキスト『あご当てのトリセツ』無料ダウンロードはこちらをクリック

-教えるスキル・指導力アップ