バイオリン演奏を楽しむ構え方を身につけよう☆バイオリン応援団

音楽の喜びを満喫できるコンディションづくり。ラクな動き・気持ちよく・自由に楽しめるココロとカラダのやさしい使い方。頑固なクセを手放すレッスン。アレクサンダー・テクニークに基づいた教え方の研究。東京都府中市の教室。

「カラダの使い方を磨く副作用」


いちろーたです。
やりたいことがやれるようになってしまうと何が起こるか。

「やりたい音楽」が底の浅いものだと、そのままそれが出てきます。しかも、「やりたい音楽」を表現するテクニックが稚拙だと、そのテクニックがそのまま使われます。テクニックを磨きたくなるか、うんざりして投げ出すか。音楽の目的が明確になることもあれば、かえって見失うことにもなりかねない。

こんな具合だから、「やりたい音楽」を「何としてもやりたい」という情熱のあるかないかと向き合うことが求められます。

まあ、これは僕がそういうところといつも向き合っているというだけです。

それでも、音楽を手放すつもりはいまのところないですよ。

※写真はこないだ通りかかった京王多摩センター駅改札口の天井

バイオリン応援団☆いちろーた


 この他にも演奏改善のヒントをサクッと知りたい!という方はメール講座【奏法リノベーション365】を無料で読むことができます。この機会にぜひどうぞ。

【奏法リノベーション365】
〜もっと楽しみたい、気持ちよく演奏したいあなたへ贈る365のヒント〜

  あなたのバイオリン演奏が生まれ変わる1日5分の意識改革レッスン【奏法リノベーション365】を無料で読むにはここをクリック

-ボクの体験談