バイオリン演奏を楽しむ構え方を身につけよう☆バイオリン応援団

音楽の喜びを満喫できるコンディションづくり。ラクな動き・気持ちよく・自由に楽しめるココロとカラダのやさしい使い方。頑固なクセを手放すレッスン。アレクサンダー・テクニークに基づいた教え方の研究。東京都府中市の教室。

上手くなる練習、下手になる練習

バイオリン応援団☆いちろーたです。

いつも、どんな練習をしているでしょうか?

一回楽器を手にするごと上達を実感できていますか?



「下手になる練習」をしていませんか?

練習には2通りあります。

「上手くなる練習」と「下手になる練習」です。

「上手くなる練習」と「下手になる練習」には違いがあります。

その違いは「目的」です。

下手になる練習とは、「できるかどうか」を確認する練習のことです。

上手になる練習は、「これをできるようにする」と決めて練習することです。

せっかく同じ時間を使うなら、上手になる練習をしたいものです。

クイズ「この練習、上手になる?下手になる?」

「いまのはうまくできた。今の感じを忘れないためにもう一度やっておこう」

これは上手くなるでしょうか?下手になるでしょうか?

理由についても、ぜひ考えてみてくださいね。


 この他にも演奏改善のヒントをサクッと知りたい!という方はメール講座【奏法リノベーション365】を無料で読むことができます。この機会にぜひどうぞ。

【奏法リノベーション365】
〜もっと楽しみたい、気持ちよく演奏したいあなたへ贈る365のヒント〜

  あなたのバイオリン演奏が生まれ変わる1日5分の意識改革レッスン【奏法リノベーション365】を無料で読むにはここをクリック

-練習への取り組みかた