バイオリンレッスンのお悩み相談室

学ぶよろこび、演奏する気持ちよさを取り戻そう!カラダが痛む、構えが崩れる、良い楽器なのに響かない、会話がかみあわない等……演奏とレッスンにまつわるお悩み解決のヒントとコーチングをお届けします

ボウイングをシンプルに作り変えるコンセプト「リード&フォロー」

2017/01/04

いちろーたです。

【リード&フォローでボウイングをシンプルに作り変えよう】

ボウイングのとき、指の形や肘・手首の角度に注意をしすぎるあまり
本来もっとも大切な「何をどう表現したいか」がおろそかになっていませんか?

ボウイングの動きの作り方を、もっとシンプルにすることができれば
音楽の表現はもっと簡単になります。
それを突き詰めていくと、音楽の意図がそのまま動きに転換できるようなやり方をマスターできます。

その基礎となるのが「リード&フォロー」です。

この「リード&フォロー」という考え方は、アレクサンダーテクニークから学びました。

いちろーたがアレクサンダーテクニークを学んでいるときに、クラスの中でよく耳にする言い回しがあります。

「頭が動けて、自分全部がついてくる」
あるいは
「頭が動けて、自分全部がついていく」
です。

これらは、自分がうまく動くための呼びかけとして用いられる言葉です。
「リード」と「フォロー」に当てはめると……
《頭がリードして、自分全部がフォローする》
……ということです。

「リード」とは先導すること。
「フォロー」とは後から続いて通り道をたどること。

「頭が動けて、自分全部がついてくる」
「頭が動けて、自分全部がついていく」
というのを単純化すると、
《頭が、自分全部をつれていく》
《頭のあとに、自分全部がついていく》
という意味です。

何がリードして、
何がそれをフォローするのか。

これを意識するだけでも、動きの質は改善できてしまいます。

◎実験してみよう

バイオリン演奏で体感しやすいのはボウイング。
アップボウなら、弓先がリードし、弓の毛や弓を持つあなた自身の全体が弓先をフォローすることができます。

リードするのを、弓先ではなく別のものに変えてみると、ボウイングの動きも変化します。
どう変わるかを調べましょう。

ダウンボウなら、何がリードするとやりやすいでしょうか?
いろんなものでリードして、どう変わるか調べてみてくださいね。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-ボウイング・弓の持ち方