バイオリン演奏を楽しむ構え方を身につけよう☆バイオリン応援団

音楽の喜びを満喫できるコンディションづくり。ラクな動き・気持ちよく・自由に楽しめるココロとカラダのやさしい使い方。頑固なクセを手放すレッスン。アレクサンダー・テクニークに基づいた教え方の研究。東京都府中市の教室。

脱・初心者ボウイング「こする」「アップ・ダウン」の次にすること

2017/01/04

いちろーたです。

今回はボウイングの話。
今よりもレベルアップしたい方のヒントになればと思います。

弓づかいで一番最初に学ぶのは「こする」ということ。
弓の毛で弦をこする。
これがレベル1
「音を出す・出さない」ということでもあります。

次のレベルは何か。
それは、「アップ・ダウン」ということ。
「こする」方向の区別がつけられる。
これがレベル2

ここから先は、発展のさせ方が何通りもあります。
・弓の速さの区別
・弓の角度の区別
・サウンディングポイントの駒からの距離の区別
・弓毛と弦の「オン/オフ」の区別
などです。

これらはひとことで言うと全部「弓の方向づけ」というまとめ方ができます。

「弓の方向づけ」をどれだけ細かく意図的にコントロールしているかが、そのままテクニックのレベルアップと直結しています。


 この他にも演奏改善のヒントをサクッと知りたい!という方はメール講座【奏法リノベーション365】を無料で読むことができます。この機会にぜひどうぞ。

【奏法リノベーション365】
〜もっと楽しみたい、気持ちよく演奏したいあなたへ贈る365のヒント〜

  あなたのバイオリン演奏が生まれ変わる1日5分の意識改革レッスン【奏法リノベーション365】を無料で読むにはここをクリック

-ボウイング・弓の持ち方