バイオリン演奏を楽しむ構え方を身につけよう☆バイオリン応援団

音楽の喜びを満喫できるコンディションづくり。ラクな動き・気持ちよく・自由に楽しめるココロとカラダのやさしい使い方。頑固なクセを手放すレッスン。アレクサンダー・テクニークに基づいた教え方の研究。東京都府中市の教室。

どんな練習したらいいかわからなくなった人のための音を出さずにする練習【ボウイング編】

いちろーたです。

音を出さずにできる練習は色々あります。
今回は、楽器が手元にあるけど、音は出さないというタイプの練習を紹介します。

《弓毛で弦に触る・離す》

これだけです。
これを、音を立てないようにやります(※本当は音が出てもいいです)

弓の毛を弦に近づけ、触れたら止まる。
弦に止まっている弓の毛を、弦から離す。

このとき、触れ方や離し方によっては音が出ます。

いろんなボウイングの基礎は、この《触れる・離す》です。触れてから離すまでにどうするかを学ぶことは多いのですが、触れること・離すことだけを取り出すことはなかなかないかもしれません。

やってみるとどんな発見があるでしょうか?

ではまた!


 この他にも演奏改善のヒントをサクッと知りたい!という方はメール講座【奏法リノベーション365】を無料で読むことができます。この機会にぜひどうぞ。

【奏法リノベーション365】
〜もっと楽しみたい、気持ちよく演奏したいあなたへ贈る365のヒント〜

  あなたのバイオリン演奏が生まれ変わる1日5分の意識改革レッスン【奏法リノベーション365】を無料で読むにはここをクリック

-ボウイング・弓の持ち方