どんな練習したらいいかわからなくなった人のための音を出さずにする練習【ボウイング編】

いちろーたです。

音を出さずにできる練習は色々あります。
今回は、楽器が手元にあるけど、音は出さないというタイプの練習を紹介します。

《弓毛で弦に触る・離す》

これだけです。
これを、音を立てないようにやります(※本当は音が出てもいいです)

弓の毛を弦に近づけ、触れたら止まる。
弦に止まっている弓の毛を、弦から離す。

このとき、触れ方や離し方によっては音が出ます。

いろんなボウイングの基礎は、この《触れる・離す》です。触れてから離すまでにどうするかを学ぶことは多いのですが、触れること・離すことだけを取り出すことはなかなかないかもしれません。

やってみるとどんな発見があるでしょうか?

ではまた!


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-ボウイング・弓の持ち方