人生をとことん楽しむバイオリンレッスン☆バイオリン応援団

あなたのバイオリンから真心こもった音楽が流れ出します。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスンとメール講座を提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの相談も受付中。

「聞いてくださいよ♪30分しかできなかった練習が、気がついたら2時間もできるようになったんです」

2016/10/21

嬉しい報告をもらったので、お知らせしますね。

昨日、大阪で行なった《お悩み解決ファクトリー》の後の晩酌会で
Tさんが、こんなことを言ってくれました。

「聞いてくださいよ♪30分しかできなかった練習が、気がついたら2時間もできるようになったんです」

って、喜び爆発させて、すごく素敵な笑顔でした。

信じられます?

Tさんは、7月の《サマーセミナー》に参加するまでは、家で30分練習しただけで
楽器持つのがつらくなってしまっていたのに、ですよ。

Tさんは、レッスンにも通っていて、
先生に構え方のアドバイスや注意をされるのですけど
いつのまにか同じ注意の繰り返しになってしまったのでした。

「それ、こないだも言われた……」
「わかるけど。力抜けばイイってことはわかるけど……」
「でも、力が入っちゃうの!」
「どうやったら、力が抜けるのか教えてっ!」

と心で叫びつつ、先生には言い出せない……。

家で練習してみるけど、やっぱり30分で
「もう無理!」
って、なっちゃう。

そんな具合で、練習したいのにできなかったTさん。

いまは、ほうっておくと2時間以上も練習してしまうくらい
気持ちよく練習できるようになってしまったのです。

想像してみてください。

練習開始から、たった30分で
痛みの限界に達していた人が、

いまは、痛みの気配もなく
楽器との触れあいを「愛おしい!」
と思いながら楽しんでいる姿……。

痛みがなく練習出来たら、
どんなに気分がイイでしょうね。

一体何をしたら変われるのか。
どんなことを学んだら、そうなれるのでしょうか?

Tさんがやったことはたった3つ。

すごく大事な3つのステップです。

1.【困っていることを声に出す】

2.【どうなりたいかを声に出す】

3.【本当は何をやっているかを知る】

これだけ。

これさえできれば、どんな悩みも、たいてい吹っ飛びます。

やってみてくださいね。

……って、これで終わればハッピーなんですが

【言われた通りやっているつもりなのに、できない】

ということがそもそもの問題なのです。

正しいやり方を言われても
そのとおりにできるわけがない、

ってことなんです。

屁理屈みたいでしょう?

でも大事だから言っておきました。

困っている人がいなくて、
ひとり残らずハッピーにバイオリンを楽しめているなら

いちろーただって、
わざわざレッスンだのセミナーだのやらなくてイイんです。

……でも、実際、困っちゃってる人がいる。

それに、
これを読んでくれているってことは
何か解決したいことがあるから、
ここまで読んでくださったのでしょう?

というわけで、

大事なことなので、もう一度書きます。

すごく大事な3つのステップです。

1.【困っていることを声に出す】

2.【どうなりたいかを声に出す】

3.【本当は何をやっているかを知る】

これだけ。

これさえできれば、どんな悩みも、たいてい吹っ飛びます。

やった人は、もれなく解決しています。

この3ステップはすごく簡単。

と言っても、
はじめのうちは
だいたい失敗します。

何回失敗しても、
一度でも3ステップをやり遂げれば
解決にいたるんです。

な・の・に!

解決する前に、
この3ステップを捨てちゃうひとが多いんです。

大体の場合、本人は捨てたという自覚が無いです。

ちなみに、
3ステップを捨てちゃう人は、こんな感じで捨てちゃいます。

「本当にこれでいいのかなぁ?」
「これだったら、今までのほうがマシなんじゃないかなぁ?」
「めんどくさそうだから、今までのままでいいや!」

じゃあ、解決するまで3ステップを捨てずに
やりぬくにはどうすればいいか。

ポイントは3つ。

1.何を困っているのか、正直に言う
2.どうなりたいのか正直に言う(何を知りたいか正直に言う)
3.何をしているかを、ありのままに見る

この3つをラクに短時間で行うには
【鏡】の力を借りちゃうのが賢いです。

文字通りに鏡を使っても良いのですが……

録音でもいいし
録画でもいいです。

一番パワフルなのは
他人の力を借りることです。

なぜ「他人の力」がパワフルなのか。

子供の頃は、転んだり、届かないこと自体が楽しめていたはずなのに
大人になる途中で、「痛み」とか「恥ずかしさ」とかが邪魔して

痛くないように、
恥ずかしくないように、
っていう姿勢にすり替わっちゃうんです。

痛い、というのは肉体的にも、精神的にも。
自分とまわりにあるものとの関係によって痛みを感じるのですよね。

恥ずかしい、というのも
自分とまわりにあるものとの関係によって感じるものですよね。

毒をもって毒を制す!

他者との関係による毒は
他人の力を借りて、無毒化しちゃいましょう!

ところで、この「痛み」「恥ずかしさ」というのは

「失敗しちゃいけない」という強迫観念を生み出します。

そうすると、

「戦わなきゃ!」モードとか
「逃げなきゃ!」モードとか
「もう無理!あとは煮るなり焼くなり好きにして!」という全感覚シャットダウンモード

に入り込みます。

これ、上達できないモードです。

ひとりでやってると、気が狂います。
いちろーたは、気が狂いました。

自分の気が狂ったら
ずいぶん苦しかったので
他の人には、そんな思いはさせたくないのですよ。

というわけで、

《お悩み解決ファクトリー》を東京でも開催することにしました。

モヤモヤしていることがあったら、
打ち明けにきてくださいね。

1. 何に困っているのか
2. どうなったら嬉しいか(何を知りたいか)
3. そのために、何をしているか

この3つのステップに沿って
お悩みを深掘りして、上達に向けた解決の手がかりを
いっしょに見つけていきましょう。

《お悩み解決ファクトリー》参加のお申込みはこちらからどうぞ
 ⇒ http://www.reservestock.jp/events/148951/


☆この申し込みページは記事公開時点のものです。参加者募集は予告なく終了する場合があります。ご了承ください。

なお、お悩み解決ファクトリーの費用は『お気持ち制』です。

ぜひチェックしてみてくださいね。


 あなたの想いが届く演奏づくりの第一歩は構えから始まります。
構えのセルフケア入門テキスト初めてでもラクに構えられる『あご当てのトリセツ』を無料でダウンロードできます。レッスン優待キャンペーン中です。この機会にぜひどうぞ。

『あご当てのトリセツ』
〜想いがダイレクトに音になる・バイオリン演奏のキホンをマスターしよう〜

  あなたの真心が音になる♪バイオリン演奏の構えのキホンが身につく『あご当てのトリセツ』PDF無料ダウンロードはこちらをクリック

-生徒さんの声・レッスン復習ノート