バイオリン演奏を楽しむ構え方を身につけよう☆バイオリン応援団

音楽の喜びを満喫できるコンディションづくり。ラクな動き・気持ちよく・自由に楽しめるココロとカラダのやさしい使い方。頑固なクセを手放すレッスン。アレクサンダー・テクニークに基づいた教え方の研究。東京都府中市の教室。

「ベクトルに分解して考えるアプローチが気にいった」Y.Tさん【弦楽器奏者のためのカラダの使いかたセミナー受講者の声】

2016年7月29日〜30日のサマーセミナーに参加して感じたこと

 大阪での開催だから参加しようと思った。

 楽器のかまえる場所が定まらない、黒服での楽器がうまくかまえられない、弓を持つ指の汗で弓がすべる……こういうことで困っていた。

 楽器の構え方をチェックする基本的な考え方の理解ができた。機能・目的に合わせて、楽器・弓に接する場所を考えることが役に立ちそう。理屈で考えたい人におすすめだと思う。

 特に、ベクトルに分解して考えるという考え方は気に入った。

 すぐに役立てるかはわからないですが、たくさんの気づきがありました。


 この他にも演奏改善のヒントをサクッと知りたい!という方はメール講座【奏法リノベーション365】を無料で読むことができます。この機会にぜひどうぞ。

【奏法リノベーション365】
〜もっと楽しみたい、気持ちよく演奏したいあなたへ贈る365のヒント〜

  あなたのバイオリン演奏が生まれ変わる1日5分の意識改革レッスン【奏法リノベーション365】を無料で読むにはここをクリック

-生徒さんの声・レッスン復習ノート