バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

いちろーたのレッスンがなぜ効くのか考えてみました〜『自分より上手な人にも教えて、ヴァイオリンだけでなく二胡やチェロ奏者にも、役立つのはなぜか』ということ)

2017/06/02

 この数カ月の間に、わたしのレッスンを受けてくださっている方は、プロ音楽家であったり、社会人でありながら楽器を専門的に師事して長年学び続けてこられた方々です。受講くださった方は、ほぼリピーターとなってくださっています。本当にありがたい事です。

 なんで、こんなに喜んでもらっているんだろうか?と疑問に思ったので、私・いちろーたがレッスンの時に何を思って取り組んでいるのか、ちょっと思い出しながらかいてみます。

体験を生かしている

 私・いちろーたは、腕や指の使い方に関して、ただならぬ関心を持ちレッスンに臨んでいます。カラダの使い方に関しては、弦楽器演奏家が自覚しづらい・陥りがちな勘違いというものを自らが体験し克服してきていることを元にレッスンしています。

アレクサンダーテクニークを実践している

 アレクサンダーテクニークという「自分の使い方のコツ」を、楽器の演奏に応用するとはどういうことなのかということをお教えできるのは、私自身が楽器演奏や、その指導に関して悩み・苦しみ・乗り越えようと試行錯誤してきた経験があるからです。

自分自身が真っ先に試している

 たとえば「カラダ全体を使って演奏する」ために、どんな取り組みをするといいのか。どんな考え方がカラダ全体を使って演奏することの妨げになっているのか。自分が独自に考えて取り組んだ実験・受けてきたレッスンが役立っています。そのほかにも、自分より高度な技能を持つプレーヤーのレッスンに同席し、その様子をともに観察・分析・実験提案してプロセスを共有して自分のモノにしてきているからです。そして、その経験をすぐに自分の演奏や日常生活で使って試しているんです。

 別の次元になりますが、「左手のポジションが変わると、音色が思い通りにならない」ということについても私自身が直面しており、いまだに取り組み続けている課題でもあります。私が試して効果のあったものを、あるいは、自分にはうまくあわなかったけど生徒さんが試したときに気に入ってもらえた取り組みのいくつかを、レッスンの場で提示して試してもらうこともできます。

私自身の願いがあるから!

 「すべての人に、音楽を通して、生きる歓びを湧き上がらせるお手伝いをする」……そう決めています。

 こんな大きな願いを持って、レッスン活動をしています。


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-教えるスキル・指導力アップ