【保存版】ひとりでできる《弦楽器奏者のためのカラダのやさしい使い方・入門》

2013/08/18

《カラダのやさしい使い方》をマスターするために大事なことを、
自習のお助けになるように書いておきます。

保存版ですよ。

まず、第一に大事なのは

「こういうことに悩んでいます」
「こういうことができるようになりたい」

という、自分の要望をハッキリとさせることです。
これが始まりです。

実際にレッスンに来ていただいたときにも、お聞きしています。
「今日は、何をしたいですか?どんなことが気になっていますか?」と。

やりたいことをハッキリさせたら?

観察(情報収集)

その《やりたい事》を前提にして、演奏しているところを実際に観察していきます。

実際にレッスンに来ていただいたいた場合には、
聞いた話をふまえて、ひいているところを見させていただきます。

分析

何を見るかというと……
 (きっと、こう考えてこうやってるから、こういうことが起きているんだろうな)
と、分析をしていきます。

実験

その分析から、
 (じゃあ、こう考えて、こうやってみたら、どう変わりますかね?)
という実験を提案します。

その実験をやってみる気になったら、一緒にやってみましょう。

やってみて……「気に入った?」

その結果が気に入ったら、《こう考えて、こうやってみる》というアイデアこそがレッスンの成果物なんです。

そのアイデアを実際の現場(演奏会やリハーサル、個人練習)など、
試せそうな状況を選んで、何回も実践練習してみてください。

どんどん試して、どんどん磨こう

そうやって、ご自分で試しているうちに、
新しくやりたいことが芽生えたなら
大切に育てていきましょう。

そうやって自分で自分を育てていけるって、素晴らしいですよね。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-冒険を楽しむメンタル・考え方