苦しいのは演奏に正解を求めているからです

いちろーたです。

あっというまに大晦日となりました。

Facebookを眺めていたら、シルヴィ・ギエムが
今夜オンエアされる東急ジルベスター・コンサートに出てくるようですね。
ぜひともチェックしようと思っています♪

ただ、我が家のチャンネル権は母にあるので
紅白がお開きになってから、そちらにチャンネルを切り替えようと思います(^o^;)

ところで、今日は、ひとつリハーサルがありました。

ちょうど一年前のメールでも書いたように
毎年依頼を受けている、新年の祝賀演奏があります。
2015年の元旦演奏からは
メンバーの皆さんに刺激を受けて、アドリブに挑戦しています。

今回はジャズボーカルの方がメンバーに加わります。
ボーカル、バイオリン、ピアノ、パーカッションという編成です。

演奏を始める前には、
楽しみなんだけど、不安も湧いてきます。
「どうすればいいんだろう?」
「なにをしようかな……?」

思い切って、演奏をはじめてゆくと
「あれっ?目立ちすぎたかな?」
「本当にこれでいいのかな?」

……と、《こうあるべき姿》とか《正解》を求めてしまう自分に気づきます。

「どんな音も正解」
「出た音を聞いて、次にどうするかが大事」

と、わかっているはずなのに、です。

わかっていても、怖いことは怖い(^_^;)

怖くて一歩踏み出せなくなるくらいなら、
安心して冒険をできるように、こっそり安心プランを持っておくと良いです。

「万が一こんなことになったときは、こうすればいい」
ボクだったら、アドリブをあらかじめ書いておく。

たったこれだけのことですが、
「最悪の場合は、これに頼ろう」
というものがあれば、安心してスタートできます。

さてさて。
とりとめなく書いてしまいました。

アドリブ演奏に備えて、もうちょっとあれこれ試しておこうと思います。

今年一年、ご愛読ありがとうございました。
来る年は、さらに充実した一年となりますように!

あっ、そうそう。
シルヴィ・ギエムのステージのチェックもお忘れなく!


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール