コロナウイルス感染拡大防止に伴う教室お休みのお知らせ

筋肉の習慣に依存するという神経症(その1)

いちろーたです。
今週は、ある本を読んでいて出会った言葉をご紹介します。

「技術面で多くの人に共通する問題だが、筋肉の習慣に頼りすぎるのは致命的なミスだ」

これ、誰の言葉かご存知ですか?

ヒントは、ボクの大好きな人の言葉です。

メニューイン?
違います!

ボクの敬愛するクライスラーの言葉です。

「筋肉の習慣」って、どんなことが思い当たりますか?

「形を覚えなさい」とか
「こういう手応えになるように力加減を調節する」とか、
「できるまで何度も繰り返す」とか
「慣れればいい」とか……

音楽をするには、たしかに筋肉の活動が必要です。
でも、筋肉が音楽の指示を出すのではないです。
わたしたちの中にある音楽が、筋肉を動かすのです。

筋肉の主人は、私たち自身です。
習慣化した動きは、わたしたちのコントロールから逸脱します。

あくまでも、わたしたちの中の音楽によって
動きが作られるように《仕向ける》ようにしたいものです。

クライスラーの言葉をもうひとつ、ご紹介しましょう。

「少し緊張すると、動きが鈍くなり、コントロールがきかなくなる。
それではいったいどうなってしまうのか?
技術とは煎じ詰めれば頭脳の問題だ……
昨今、練習時間の長さばかりが強調されているのは、なんと嘆かわしいことだろう」

練習時間を確保することは大事です。
ですが、もっと大事なのは、練習時間を確保したくなるような
音楽への欲求を高めること。

本当に大事なことは、自分で自分の面倒を見ることです。

練習とは何なのか。
コントロールとは何なのか。

本番中でも、音楽的な創造性を発揮しつつ
コントロールされたエキサイティングな演奏をできるようにするために
自分自身にできることを、どれだけ知っていますか?

自分のことを知っていれば、コントロールしやすくなります。
知識には、机上の知識と体験を伴う知識があります。

カラダを動かしながら、動きの原理、カラダのしくみを学ぶワークショップを開催します。

3月21日(月・祝)開催・・・詳細はこちら
 ⇒ 春休み特別セミナー《音がときめく構え方の魔法》タネ明かしスペシャル【身体の仕組みと動きの作りかた】

(文中のクライスラーの言葉:カトー・ハヴァシュ著『「あがり」を克服する』音楽之友社)

タイトルとURLをコピーしました