バイオリンレッスンのお悩み相談室

学ぶよろこび、演奏する気持ちよさを取り戻そう!カラダが痛む、構えが崩れる、良い楽器なのに響かない、会話がかみあわない等……演奏とレッスンにまつわるお悩み解決のヒントとコーチングをお届けします

レッスン効果の上がる手の使いかた・観察の秘密(その1・手を使うタイミング)

2016/04/07

数回にわたって
「レッスン効果の上がる手の使いかた・観察の秘密」をテーマに
お届けします。

前回は、手を使う以前の、レッスンでもっとも大事なことについてお話しました。
何が大事か、わかりますよね?

即答できない場合もあるでしょう。
それでもいいのです。
問いかけを続けましょう。

一度答えが見つかったとしても、
ご自身の成長とともに、答えも進化します。

日々新たに、問いかけを続ける人が、成長し続ける人です。

ですから、

レッスンを始める時にも、
レッスンのなかで手を使うときにも、
この大事なことを思い出せるようにしておきましょう。

では、今回も探求を始めていきましょう。

さっそく、試してもらいたいことがあります。



レッスンする時のことを、思い出してください。

「どんな時に手を使っているでしょうか?」

……あなたが手を使ったのは、何を見た時だったでしょうか?
……あなたは、その「手」に何を期待していたのでしょうか?

こうして、レッスンしている時のご自身について情報を集めてみましょう。

探求は、この後も続きます♪



自分を観察することは、
レッスンで起こっていることを深く掘り下げるきっかけになります。

こうした探求に興味がありますか?

今度のゴールデンウィークに、「教える人」のための学習会を開催します。

教える時に気をつけたい「手の使いかた」について掘り下げてゆきます。

○========○

GW特別セミナー【音がときめく教え方の魔法】レッスン効果の上がる手の使い方と観察の秘密の詳細はこちら
http://www.reservestock.jp/events/114953/

○========○


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-教えるスキル・指導力アップ