バイオリンレッスンが生まれ変わる手の使い方と観察の秘密(はじめに)

2016/04/07

手の使いかたの前に・・・
大事なことを確認しておきましょう。

レッスンでいちばん大事なことは何か、おわかりですか?

即答できましたか?



レッスンで、もっとも大事なもの。
それは「望み」です。

まず、学ぶもの自身に望みがなければ、レッスンは成り立ちません。

望みを明確化し、共有する。
だから望みに向かって進むことができるようになります。

レッスンを始める時、
あなた自身に問いかけてみてください。

「あなたは、いま、ここで、何をしますか?」

こうして、レッスンしている時のご自身について情報を集めてみましょう。
情報を集め始めるだけでも、レッスンは変わり始めます。

さあ、探求の始まりです。
次回につづきます。



自分を観察することは、
レッスンで起こっていることを深く掘り下げるきっかけになります。
こうした探求に興味がありますか?

今度のゴールデンウィークに、「教える人」のための学習会を開催します。

教える時に気をつけたい「手の使いかた」について掘り下げてゆきます。

○========○
GW特別セミナー【音がときめく教え方の魔法】レッスン効果の上がる手の使い方と観察の秘密の詳細はこちら
http://www.reservestock.jp/events/114953/

○========○


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-教えるスキル・指導力アップ