「個人で練習できることを、なぜグループでもやってるの?!」

母校オケのパート練習に参加してきました。
開放弦の練習や左手指の基本形、そして、ポジション移動を全員でやっていました。
みんなでひとつのメトロノームを使って、熱心です。
ここで、ひとことコメントさせてもらいました。
「トップの人がどうやってるか見てみよう」
弓の配分も、返すタイミングも、それでわかるから見てみよう。真似してみよう。
個人練習でもできることをあえてパート全体でやるのには必ず意味があるはず。
オケ全体の合奏のときにも、自分が弾く以外に「いいなと思える音を見つける」「あんな風に演奏できたらいいなと思えるものを見つける」そんなつもりで参加しておくと待ち時間が待ち時間ではなくなる。
そんなお話をさせてもらいました。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-合奏・アンサンブル