バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

なぜYoshikiのクリスタルピアノ練習法は効くのか

2015/09/03

いちろーたです。

X JAPANのYoshikiさんが透明なピアノを楽屋に持ち込んで練習しているのは、
それが、メチャクチャ効き目があるからです。

なぜ効くのでしょうか。

その秘密を解くカギは、Yoshikiさんの言葉にあります。

あるテレビ番組でクリスタルピアノの効能をさらりと解説していました。

「透明だと、キーの動きなどが全部見えるんです。それがいい練習になるんです」

これなんです!

普通のピアノは、中の仕組みが全然見えません。
まさにブラックボックス。

「ピアノは、キーを叩けばだれでも同じ音が出る」

なんていう人もいますが、とんでもない誤解です。

どんな速度や加速度でキーを叩くか、その後キーを離すまでの力の掛け具合でも音が変わるような仕組みを持っています。

そうした音ができる仕組みを見える状態にしておいて練習する……

そうすると、どんな音が聞こえてくるでしょうか?

◎今日の実験

3つの方法を比べてみましょう。

1. 仕組みを知らずに(=仕組みを無視して)音を出す。

2. 仕組みが見えていて音を出す。

3. 仕組みを隠して、でも、仕組みを思い浮かべて音を出す。

身近にピアノがある人は、ピアノで試してみましょう。

バイオリンで応用することもできます。

どんな考え方をするのが、音作りを楽しめるのか。
音作りを始める前に、どんなことをすると、ためらいなくスタートできるか。

ぼくはこんな風にして遊んでいます。


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-メルマガアーカイブ
-