《ペアで特訓》真・脱力ボウイング「レフト&ライト」【バイオリン応援団通信】

2016/05/21

いちろーたです。

学生さんたちは夏休みが始まりましたね!

せっかくなので、部活などの合宿のときに
ペアでできるボウイングの脱力特訓法「レフト&ライト」を紹介します。

ペアでできるボウイングの脱力特訓法「レフト&ライト」

ふたりの役目は……
「レフトさん」……バイオリンを持つ人。左腕の役です。
「ライトさん」……弓を持つ人。右腕の役です。

◎特訓……その1

まず、レフトさんはバイオリンを持ちます。
はじめは動かないように立ち、バイオリンが動かないように持っておいてください。

次に、ライトさんは弓を持ちます。
持っている弓の毛で、レフトさんが持っているバイオリンの弦をこすります。

どんな音が出るでしょうか?

◎特訓……その2

レフトさんは、バイオリンをもって動かします。
ライトさんは、弓の毛でバイオリンの弦を追いかけます。

どんな音が聞こえるでしょうか?
二人の体の動きは、さっきとどう違うでしょうか?

◎特訓……その3

まず、レフトさんは、ライトさんの体にバイオリンを置きます。
この後のレフトさんの仕事は、
もしもライトさんが動いたとしても、バイオリンがライトさんの体にさわっているように置きかたを調整し続けます。

次に、ライトさんは、弓を持って、バイオリンの弦に弓の毛をくっつけてこすります。

どんな音が聞こえるでしょうか?
二人の体の動きは、これまでとどう違うでしょうか?

◎特訓……その4

レフトさんは、ライトさんにバイオリンを渡します。
そして、このあとライトさんの動きを観察します。

ライトさんは、自分の体にバイオリンを置いて、弓の毛を弦にくっつけて、こすります。

どんな音が聞こえるでしょうか?
どんな事に気がついたでしょうか?

◎特訓……その5

レフトさんとライトさんの役割を交代します。
そして、(その1)から(その4)までを行ないます。

さて。これでおしまいです。
特訓とは言いましたが、はっきり言うと実験であり、遊びです。

それぞれの役割へのアドバイス

レフトさんは……
「普通だったら、こんな場所に楽器を置かないよね」という大胆で自由な発想を持ってやってみてください。

ライトさんは……
「ふだんは、こんな弓の持ち方や動かし方はありえないけど、まあいいや」と、レフトさんに付き合ってあげましょう。

さてさて。
いったいどんなことに気がつきましたか?

頂いたご質問は、基本的にメールマガジン内で回答いたします。
実際の演奏・練習への具体的な助言がほしい方はレッスンにお越しください。

レッスンや学習会では、メールマガジン・メール講座の宿題の《答え合わせ》もおこなっています。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-ボウイング・弓の持ち方