バイオリンレッスンのお悩み相談室

学ぶよろこび、演奏する気持ちよさを取り戻そう!カラダが痛む、構えが崩れる、良い楽器なのに響かない、会話がかみあわない等……演奏とレッスンにまつわるお悩み解決のヒントとコーチングをお届けします

苦手はプライドの裏返し(折り紙の思い出)

 夕食の後、新聞紙でカブトを折っていたら……

 「あんた、ずいぶん綺麗に折るねぇ……!」

 母が保育園の園児のために折って持っていくのに、折り方を忘れたというので、インターネットで折り方を調べて、いっしょになって折って見せました。

 じつは、幼稚園にかよっていた頃のボクは、折り紙の時間が大嫌いでした。
嫌いな理由というのは……

 「折り目が合わない」
 「一度できれいに折り目がつかない」
 「お手本通りにならない」
 「自分の思っている完成度に届かない」

 ……でした。

 当時のボクを、いまのボクが振り返ってみると……自分の思い描いたとおりにできなければ価値がない……なんて、子どもながらに「自分の美的評価基準」を持っていたんでしょうね。

 でも、どうすれば、それができるかということに関心が向かずに「思い通りに出来ないから、ぼくは不器用なんだ。手先が不自由なんだ。センスが無いんだ」みたいに、自分を貶めていくようになりました。

 当時は、ここまで考えてはいません。嫌いな理由をうまく言葉にできなくて、不機嫌になるだけでした。
 いまでこそ折り紙だとか、粘土細工でどんなに不格好なものができても、なにかをつくろうとしている事自体が面白いと思って取り組み続けることができるようになりました。
 ものを作ることが好きだという自覚もしています。

 世の中にはびこっている「苦手意識」というのは、自分の「大好き」が、まだまだ伸びていけるということを知らせてくれる、大切なシグナルだと、ボクは信じています。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-ボクの体験談