音楽家にはできないこと、音楽家だからできること【奏法リノベーション・2】

バイオリン応援団☆いちろーたです。

”音楽で思いを伝えたい”
”どうしたら思いが伝わるのだろう”

と悩んでいた20代の頃のことです。

「音楽は世界共通の言葉である」と、私の師匠は常々言っていました。

言葉とはなんでしょうか。
なんのために使うものなのでしょうか。

わたしたちは、何を欲して言葉を使うのでしょうか。

言葉の起源は音楽にあるともいわれます。

なぜ、音楽に価値があると、わたしたちは感じるのでしょうか?

わたしたちは、大好きな音楽に取り組んでいるのに、どうしてこんなに思い悩むのでしょうか?

こんなにも思い悩んだ末に、いったい何を得ようというのでしょうか?

今回は、自己紹介代わりに
私が音楽のことを考え直すきっかけになったレッスンについて書いたブログ記事をご紹介しますね。

これだけはおぼえていてほしい

演奏は説明じゃない、表現だ。

 残念ですが、音楽の発信者が「伝えたい」「わかってほしい」と思っても、受け手には伝わらないし、わかりもしません。絶対に。

 演奏するあなたが、音楽をつかって何かを伝えたいと思っても、何も伝わりません。あなたにできることは、音を発することだけです。音に思いを託して、その音を発することに全身全霊を傾けることが、あなたにできる音楽のすべてです。

 あなたは、まだ、演奏するときに「伝えたい」と思っていますか?



 こんなことを、私の恩師はレッスンで言いました。

心というものは、絶対にわかりあえないんです。

 ぼくはブッタマゲました。きっと分かり合えるんじゃないんですか?って。

 さておき。

 じつは、音楽の演奏を通して何かが伝わったと感じるのは、かなり高度なコミュニケーションともいえますし、単純なコミュニケーションともいえます。

 音を発した人は、自分がやったことで世界がどう反応したかを読み取ることができます。どう読み取るか。それは、見たり、聞いたりすることで。音を発しても、何も反応を見つけられないとしても、音を発し続けていいし、やめてもイイ。その次の瞬間に何をするかは、音を発する人の自由です。

 音を受け取る人はどうでしょうか。自分の聞いたり見たりしている世界にむかって、泣いたり笑ったりしているだけです。

 もしかしたら、このふたりが同じ場所にいて同じ時間を過ごしていたら、ひとりが発した音をふたりで受け取って泣いたり笑ったりして、何かが通じたような気持ちになるかもしれません。かりに同じ音を受け取っていたとしても、ひとりは泣き、もうひとりは無反応かもしれない。

 では、ありえないように思うかもしれませんが、このふたりが、違う場所、違う時間に過ごしていたとして、ひとりが発した音をふたりが受け取ることは、どうでしょうか。まったくありえないのでしょうか?たとえば、これから生まれてくる子の住む世界を思い描いている親にはどんな音楽が流れているのでしょうか。もう死んでしまった親を偲ぶ子にはどんな音楽が流れているのでしょうか。

 「音楽は、時間と空間を共有する芸術だ」たしかに、音楽の一面を言い得ている言葉だと思います。だからこそ、あえていっておきたい。音楽は、時間も空間も超越しうるものである、と。でなければ、楽聖の魂が、これほどまでにぼくの心を揺すぶることの説明がつかない。

 自分の心なんか、わかってもらえなくたっていいんです。それでも、この心をなんとかしたい。

「この自分にみえている世界で、いま、何かをする」

これが表現だとおもうのです。

 演奏は説明ではありません。表現です。
えっ、その演奏で思いが伝わると思ってるんですか? | 手と腕の使い方専門・東京都府中市のバイオリン教室「バイオリン応援団」

「これでどうだ!」が表現です。
「どうか、これでわかってもらいたい」は表現ではありません。

音楽は自分が信じたとおりにやるだけ。
聞いた人にわかってもらうためにやるから、かえって自分が混乱します。
混乱を放置していると、あなたはいつまでたっても動けないままです。

いま、あなたには何が見えていますか?
見えていない方向には、どんな空間が広がっていることを思い出せるでしょうか?

見えているものの奥には、どんな空間が広がっているでしょうか。
頭上にはどんな空間がありますか?
足元は、どんな空間ですか?

それこそが、あなたが音楽を届けようとしている
世界のすべてです。

好きなだけ広げることができます。
好きなだけ奥深く突っ込んで届けることもできます。

あなたに見えている世界からも、
あなたを見えています。

そこでは、
あなたの音楽が届けられるのを待っています。

こんなにワクワクすることがあるでしょうか。
こんなに高ぶる冒険があるでしょうか。

さあ、今日も楽器を手に取り、演奏を始めようではありませんか!

♪〜♪〜

あなたの好奇心が、あなたの上達のエンジンです。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール