バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

一度知れば「カラダの使い方」「動きの磨き方」は一生あなたの武器になる

2017/06/02

バイオリン応援団☆いちろーたです。

◎一度知れば「動きの磨き方」は一生あなたの武器になる
使えば使うほど、動きの磨き方そのものが磨かれます!

「楽器の演奏がうまくいくためなら、動きを磨こう!」
「演奏のコツをうまく伝えられるようになるよ!」

ということで、《カラダの使い方》《動きの磨き方》をご紹介していますが……

バイオリンの演奏の上達のために、動きの磨き方を学ぶと、
バイオリン演奏以外の、日常生活の動きでも
自分の動きを磨くことができることがわかってきます。

こうして、日常での動きに磨こうという意識が働くようになると
「動きの磨き方」がますます磨かれるようになり、
楽器の演奏での「動きの磨き方」も、さらにさらに磨かれます。

こうなってくると、楽器の違いをこえて
なにが動きを妨げているのか、
目的の活動のためにどんな動きが最適なのか、
ということを見いだせるようになっていきます。

ところで、演奏に通じる《日常での動き》というと、
どんな活動や動きがあるでしょうか……?

歯磨き
顔を洗う
服を着る
箸を持つ
水を飲む

もっとシンプルなものだと、

呼吸する。
声を出す。
見る。
聴く。
歩く。
立つ。
手を動かす。

こうした、人間としての基礎的な動きが、
楽器の演奏を作っていることに気がつくことができます。

どんな動きも、意識的に磨くことができます。

どんな動きであっても、磨き方の基本は同じです。

動きの磨き方を、意識的に使うことで
好きなように動きを上達させることができます。

大好きな、興味を持ち続けられる活動から始めましょう。
大好きな活動のなかで、動くことをやめない限り、
ずっとずっと、動きを磨き続けて、上達し続けることができます。

新しい探求の始まりです!


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-体の仕組み・動きを考える