メール講座を書く時に心がけていること〜レコーディングとの共通点

メール講座を書く時に気をつけていることがあります。

それは「いまボク自身がどこにいるか」ということ。

もちろん、いま自分がいる場所にいるんだけど、それだけじゃないんです。

書いたメールは、いつ、どこで読まれているんだろう?

誰が読んでくれているんだろう?

……と思ってみると、

メールを読む人の心のなかにいて書いているとも言えます。

そのことを思い出すたびに、自分がのびのびと、ラクになって書き進められるようになることに気づきました。

演奏を録音するのに似ていると思いませんか?

今日も朝7時にお届けします。バイオリン演奏を変えるヒント「ばよラボ通信」 バイオリン応援団☆いちろーた バイオリン演奏を変えるヒント♪みんなの『ばよラボ』通信


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール