「緊張する」を考える。パフォーマンスの源を”Excitation”によって汲み上げよう


いちろーたです。

「緊張」という言葉って、ずいぶん広く使われていますよね。

でも、その言葉を使う時に、「いま《緊張》という言葉で呼ぼうとしたのは、どんな出来事のことだったのだろう?」と問うと、何が起こるんでしょうね。

“Excitation”

励起

パフォーマンスに欠かせないものである、高ぶりを使いこなすための第一歩は、自分に起きていることを知ることではないでしょうか。

そのことをずっと考えています。

キャシーがくれたのは「定義を留保する」という態度でした


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール