本番に強い人は、何がちがうか

2017/09/16

みなさんは、

本番に強いですか?

それとも、本番は、なるべく避けたいですか?

本番に強い人というのは、
自分がやると決めたときに、
やる人のことです。

そして、

やり終えるまで、
決してやめない人のことです。

本番に強くなるには、どうすればいいのでしょうか。
そのために、やるべきことはたった一つです。

「その本番で、わたしは何をするか」

を持ち続けることです。

しかし、このひとつこそが、難しいのですよね。

なにが、「その本番で、わたしは何をするか」を見失わせてしまうのでしょうか?

これを調べ、考えることが、本番に強くなることのために大事ですよね。

たとえば、バイオリンの演奏をする場面を想像してみましょう。

ステージに向かって立ちます。
ステージに向かって歩きます。
自分の立ち位置に立ちます。
観客に向かいます。
客席全体が見えます。
拍手が聞こえます。
拍手を全身で受けます。
お辞儀をして、拍手にこたえます。
おじぎを済ませると、また、客席が見えてきます。
拍手が静まっていくのが聞こえます。

……

遅れて入ってきた人が見えました。
くしゃみをしている人もいます。
ビニール袋ががさがさし始めました。
それに気を悪くしたのか、舌打ちをしている人がいます。

……

さて、みなさんは、いつ演奏を始めますか?

いつ演奏を始めてもいいんですよね。

共演者がいたらどうでしょうか。
どうやって演奏を始めますか?

わたしたちは、いったいどうやって
「演奏を始める」ときを決めているのでしょうか?

これは、奥が深い探求です。

「やる」と決めた時が、そのときなのです。

うまくいかない人というのは
せっかく「やる」と決めたのに
理由をみつけて、やることを止めてしまうのです。

やりたいのに、やることを妨げることをなんというか知っていますか?

「邪魔」といいます。

この、「邪魔」を見つけてさしあげるのが、
わたしの仕事です。

なぜなら、「邪魔」するやつらは、
「邪魔」だと気付かれないように、
こそこそとズルい働き方をするんです。

本人に気づかれたら邪魔ができなくなるからです。
邪魔は、邪魔と見破れば、怖くありません。

ですから、邪魔をやっつけるには、
まず、邪魔を見つけられるようになることが大事です。

そうすることで、
本来の音楽するココロが、
のびのびと活躍できるようになっていくのです。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-冒険を楽しむメンタル・考え方