テコの原理!〜バイオリン演奏にレバレッジを効かせよう

2016/05/21

テコの原理。
使っていますか?

身近な道具では、
ナイフや包丁に、テコの原理が関わってきます。


Bicycle

自転車のハンドルやブレーキもテコの原理を使っていますね。
「レバー」っていうのは、テコのことなんです。

「ナントカとハサミは使いよう」という言葉がありますね。
同じ道具でも、使い方次第で切れ味が変わってきます。

バイオリンも似ていますね。
同じバイオリンでも、使い方次第で、音が変わります。

テコと聞いて、ぼくが思い出すのは
つぎの3つのことば。

支点(してん)
力点(りきてん)
作用点(さようてん)

小学校でならった、この3つのことばです。

支点とは、テコを支えておく場所
力点とは、テコに力を込める場所。
作用点とは、テコから力が発せられる場所。

バイオリンの演奏におけるテコの原理とは何でしょうか?

名手と凡人とでは何がちがうのでしょうか。

自分の体を使って何かをするときに、

――何を支えにできるか
――力を得るためにもっとも効率よく、合理的なやり方はなにか
――その力でやりたいことはどんなことか

ということを、考えてみて欲しいのです。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-楽器の要らない構え方トレーニング