もっとも難しい勝利とは?

――もっとも難しい勝利とは

――それは、自分自身に勝つことである

私が高校3年生の時、卒業のはなむけとして師匠からいただいた言葉です。

当時は「ふむふむ。そのとおりだ」なんて、わかったつもりでいましたが
20年以上たって、いまごろになって、この言葉の意味を考えさせられています。

学校のテストで何点取ったとか、
初任給がいくらだったとか、
ボーナスがいくらだったとか、
結婚が早いだの遅いだのとか、
使っている楽器が安いとか高いとか……

勝ったと思えば、浮かれて舞い上がり
負けたと思えば、落ち込んで妬ましく思ったり……

ぼくは、自分が他の人より優れていることを見つけることが
自分の生まれてきた意味だと思っていたのかもしれません。

バイオリンをひいているときもそうだったかもしれません。

「あの人は、指揮者とずれている、自分のほうが優れた理解と表現をしている」
「あのひとは、私よりも、私の理想に近い演奏をしているきがする。ぼくの演奏には価値がない」

と言った具合で、どんな人と共演するかによって態度を変えていました。

いまだからそう思えるので、当時は、そんな自覚さえなかったかもしれません。

なんとちっぽけな人間だったのだろうかと、恥ずかしくなりますが
そんなボクでも「いまのままではなく、師匠のようになりたい」という思いだけは持ち続けて
どうにかここまでやってきました。

音楽する心は、人生に活力をもたらします。
自分だけでなく、まわりの人にも。

師匠のように、
その人が本来持っている、生きる活力、才能、夢や希望を
めいっぱい引き出して輝かせるような振る舞いを目指して

この気持ちを、日々新たにしながら
今日もこうして書いています。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール