「雨の日は調子が悪い?!」〜サイアクなコンディションを楽しみに変えるには

Rain from below (Berne, Suisse)

雨の日には、雨の日なりの弾き方があります。
湿度や温度が変わると、空気は音の伝えかたを変えてしまうからです。

それを、「いつも通りにやろう」とすると、雨という現実のコンディションを無視してしまうことになります。

どんなに不愉快であったとしても、雨は雨。

そのとき、その温度、その湿度のなかで、どんな音楽を作り出して行くことができるかを、ためしてみようではありませんか。

今日も元気に!


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-家庭・練習環境づくり