バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

【ばよラボQ】ViolinMuscle-Arm12. バイオリンに一番近い筋肉・解説編12(こんなにステキな腕の仕組みをフル活用するには?)

2014/11/10

バイオリン応援団☆いちろーたです。

【バイオリンに一番近いところで働く筋肉は、どれ?】

という疑問から、ここまで指先から腕のことを調べてきました。

すこしずつですが、
体幹と腕の動きに関連することが、
わかってきました。

指がバイオリンの弦や指板にさわるとき、
また、指が弓にさわるとき、

動きを助けてくれる骨格や筋肉の仕組みが、
指先から全身につながりを持っていると思うことで、

窮屈に自分を押しつぶしていた動きが消えて、
自由になっていきます。

次回からは、ViolinMuscle-Arm6.で取りあげた
【C. あごあてにのせているアゴ・頭の動きを変える筋肉】
をさらに掘り下げます。

いよいよ、動きをコントロールする秘密を握る
体幹・軸、そして、頭のことを中心に迫っていきたいと思います。

ご興味があれば、お付き合い下さいね。


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-Violin Muscle-Arm