バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

【ばよラボQ】ViolinMuscle-Arm1. バイオリンに一番近い筋肉・解説編1(手や指先の動ける仕組みとは?)

バイオリン応援団☆いちろーたです!

突然ですが、クイズです

みなさんが、バイオリンを演奏するときに、
バイオリンの一番近くで働く筋肉はどれでしょうか?

答えは3者択一。

A. ネックを持つ手や指の筋肉

B. 裏板を支える鎖骨周辺の筋肉

C. あごあてにのせているアゴ・頭の動きを変える筋肉

……さて、どの筋肉がバイオリンに一番近いところで働くのでしょうか。

A、B、Cの順に、私の考えをご紹介してまいりましょう。

A. ネックを持つ手や指の筋肉

バイオリンのネックを持ったり、
指板・弦に指で触ったりするときに、
バイオリンの一番近くで働くのは、
なんといっても《指先》ではないでしょうか。

これらAグループの筋肉は、
バイオリンに近い筋肉の有力候補ですね。

もう少し詳しく調べると、
ひとつの《指先》を動かす筋肉は、
ひとつではありません。

1つの指には、いくつもの筋肉がついていて
その働きがあわさって動ける仕組みになっています。

次回は、このAグループの筋肉たちについて、
もう少し詳しく調べてみましょう。
(1週間後に公開します)

続きをいち早く読むには……?

メールアドレスを登録するだけで、このシリーズ記事「ViolinMuscle-Arm」が、1日、5分足らずで読みきれる分量にまとめられて、計7回のメールでお届けします。

わざわざブラウザで記事を探し回る必要がなく、メールボックスに届くメールを保存しておくだけで読み返すことができて便利ですよ。

■ご希望の方は、コチラからご登録ください■


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-Violin Muscle-Arm, バイオリン奏者のための「動きの解剖学」