あなたの憧れは、いまも元気ですか?〜「空をとぶためには、空をとぶための法則を学ばねばならなかった」(デザインの巨匠、ニールズ・ディフリエント)

2015/03/03

バイオリンをかなでるためには、何を学ぶ必要があるのでしょうか?

もしも、手や指を、もっと自由に、思いどおりにうごかしてみたいと思うのなら、何をどう学べばいいのでしょうか?

aeroplane

ただ、あこがれに任せてバイオリンを奏でる。そして、自分で自分と向き合えるようにしてゆくことなのかもしれません。

私は、そんなみなさんのお手伝いをしたいと思っています。

今回は、デザインの巨匠ニールズ・ディフリエントのTEDトークをご紹介します。彼がどんな人かというと、イスの高さ調節用の空気圧シリンダーを作った人といえば親しみがわくかもしれませんね。

ニールズ・ディフリエントは、飛行機に憧れながらも、パイロットにはなりませんでした。それはどうしてだったのでしょうか。

あなたの憧れは、いまも元気ですか?

デザインの巨匠ニールズ・ディフリエントが彼の半生とインダストリアル・デザインについて話します。(そしてなぜジェット飛行機のパイロットにならずデザイナーになったか)  人体という所与の条件からどのように椅子を再発明したか、その探求のプロセスについて詳しく説明します。
ニールズ・ディフリエント / 座り方の再発明 | Talk Video | TED.com

 このTEDトークをみて、どう思いましたか?「ただ、イスの宣伝をしたかっただけ」でしょうか?

 わたしは、彼が航空力学を学び始めた時のこと、そして、椅子作りに転身したきっかけに、強く共感しました。

空を飛ぶには、飛ぶための法則を、学ばなければならなかった。つまり航空学が必要だったんです。何が飛行機を宙に浮かせるか、学ぶ必要があった。
(中略)
空を飛んでこそ、夢中になった憧れを感じたものです。
(中略)
25年取り組んでみて、どこか物足りなさを感じ始めました。そこで私はやめました。初心を再確認するために、40人もの組織を解散し、一人で作業するようにしました。自らの夢を大切にできるような場を、確保したかったのです。

-- If you wanted it to fly you had to learn the discipline of flying. You had to learn about aeronautics.
(An omission)
And it had, once it was in the air, some of this romance that I was in love with.
(An omission)
So after 25 years I began to feel as though I was running dry. And I quit. And I started up a very small operation -- went from 40 people to one, in an effort to rediscover my innocence. I wanted to get back where the romance was.

Niels Diffrient: Rethinking the way we sit down | Talk Video | TED.com

ニールス・ディフリエント(Niels Diffrient)が手がけたもの

ニールス・ディフリエントのデザインは、「形は機能に従う」という哲学が土台になっています。彼の作品は各世代に渡って過去の傾向を常に見つめ、私達が毎日の生活の中で使う道具を新たに考案していきます。
Humanscale - Diffrient World Chair.


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-おすすめ資料(動画・教材など)