バイオリンの学習を継続する秘訣とは?

2014/07/16

たとえば、バイオリンの入門教材を自力で読むひとが挫折してしまうのはなぜなんでしょうか?

バイオリンというものが、本当は自由に演奏してよいものであることが大きな原因である、と私は思っています。

バイオリンの演奏を学ぶとき、どんな道すじをたどって学んでゆけば良いかは自由です。

しかし、自由であるがゆえに、あまりにも音楽の世界が広いゆえに、先人たちの知恵を活かして、より短時間で学ぼうとするとき(教えよう、教わろう)に、何かしらの歪みが起きてしまうのではないでしょうか。

学びたい気持ちを引き出しながら、バイオリンと音楽の広大な世界を、自由自在に泳いだり航海できるようにするための、コンパスと地図を与え、その使い方をマスターさせるのが、バイオリン教育の初歩段階で行われるべきものであるはずだと思っています。

では、そのために教師たちは何をすればいいのでしょうか。

世に出回る教材を使うなら、その書かれた意図を学ぶことを始めてもよいでしょう。

自分で教材を考案してもよいでしょう。

生徒さんが音楽の世界の航海士として彼ら自身の望む航海ができるようにサポートを必要とする人に、適切なサポートをするコミュニティを作りたいと願っています。

ある日のレッスンノート

最近になってバイオリンをはじめた人から「左手の練習ってどうすればいいの?」という疑問から始まって、45分間のレッスンをしたときの記録をまとめたノートです。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-バイオリンレッスン教材研究