バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

毛は弦の上にのせる。【弓を持つ時に、思い出してほしいこと】(1)

2016/05/22

バイオリンを演奏するとき、はじめて持つ人に教えるとき、

一度でいいからこうやって試して見て欲しいのです。

まず、教える人が弦の上に弓毛をのせるて、その状態を保つように支えておく。

次に、教えてもらう人が、その弓を触ってみる。そして動かしてみる。

これでどんな音が出るかためしてみてほしいんです。

その後で、弓を楽器とは離れたところに置いて、楽器とは関係なく弓を持ち上げるということをやってみてほしいのです。

なぜなら、弓の毛を運動させることと、弓の重さを支えることとは、一つのことではなく、かといってふたつに分けられるものでもないからです。

多くのバイオリン初心者が弓を持つ時の指や腕の動かし方に戸惑うのは、弓毛を運動させることと、そのための姿勢制御とを混同してしまうことにあるからだ、と僕は思います。

弓の動かし方を学ぶには、バイオリンの弦の上での動かし方を学ぶことをなるべく早い段階で始めた方が良い……わたしはそう思っています。

Posted from するぷろ for iOS.


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-ボウイング・弓の持ち方