バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

「立つ」ってなんだ?!【立つことの不思議】

2016/05/22

「立つ」ってどういうことでしょう?

 みなさんは、どうやって立っていますか?

 何を使って立っていますか?

 足は使っていますか?なるほど、他にはどうですか?

「立つ」を調べてみよう

Stand Opsession - Spectacle

 人間の姿勢は、大きく3つに分けられます。

 「立つ」「座る」「寝る」の3つです。この3つは、それぞれどう違うのでしょうか?カラダのどの部分がカラダを支えているかということに気をつけてみましょう。

 「立つ」とは、足だけでカラダを支えている状態です。「座る」「寝る」は、足が体を支えなくてもどうにかできる姿勢です。「立つ」ことには、足が必要です。

「立つ」ことの不思議

 みなさんは、どうやって立っていますか?

立っていて歩き出す……
歩いていて立ち止まる……

走りだして、ふと立ち止まる……
座り込んで、また、立ち上がる……

寝転んで、起き上がって、立ち上がる……
また歩き出す……つまづいて転んで、立ち上がる……。

なぜ、立つのでしょうか?
どうして立ちたいのでしょう?

楽器を持って立つときには、
どうやってステージに立とうとしているでしょうか?

「立つ」ということに、決まった一つの形はありません。
ひとは、どこかから動き始めて、どこかへ向かっていこうとしたときに能力を最大に発揮するようにできています。

「立つ」ときにも、いまどこにいて、次にどこへ向かおうとしているかを思い出してみましょう。

こんな記事も参考にどうぞ

 立つときに「足」をどう使うか練習する方法を紹介しています。

「大切なことは目に見えない」……立つことの重要性、メニューインの良識に学ぶ


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-立ち方・立奏