バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

【体験レッスン・メモ】こんなことが学べます!(バイオリン、Yさんの場合)

2015/03/15

今日は体験レッスン1件。
新幹線を使って数時間のみちのりをきてくださいました。
ありがとうございます!

レッスンの内容はというと……、


slooProImg_20131127114356.jpg

・バイオリンを構える前には、腕は何もしなくていい
・手のなかにあるバイオリンが自分のほうへやってくる

・頭が動けて、カラダがついてくるとやれることが増える
・腕の仕組み
(手首でやれること、肘でやれることの違い)
(指の仕組み)

バイオリンの音をだすために、どうすると音が変わるか。
・弓の毛と、弦の角度
・弓の毛と、駒からの距離
・音の長さと、弓を使う長さの関係

バイオリンの音を磨くための「音と動きの分析法」
・左手、右手の動きの順序を整理する
・動き終えてから、次の動きをはじめる
・音程は、許容範囲を明確にする……「はじめはゆるく、だんだんシビアに狭める」

などなど、超特盛りのレッスンにしてしまいました。

ピアノの先生をなさっているし、
きっと消化できる!

次回も楽しみです。


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-レッスン復習ノート