バイオリンレッスンのお悩み相談室

学ぶよろこび、演奏する気持ちよさを取り戻そう!カラダが痛む、構えが崩れる、良い楽器なのに響かない、会話がかみあわない等……演奏とレッスンにまつわるお悩み解決のヒントとコーチングをお届けします

愛の挨拶d(^_^o) 演奏を始める前に思い出すと役に立った2つのこと

2015/03/15

今日の発見。ふたつあります

 バイオリンをひくときに気をつけると役に立つことです。バイオリン以外でも、楽器を構えるときに気をつけてみると、ラクにひけるようになりますよ。

ひとつめ。

 それは、楽器を首に向かわせる。楽器を固定するとしたら、首に触れたあと。あるいは、体に楽器が触れたあとのことです。

gf01a201311161300Creative_Photoshop_HD_Wallpapers_laba.ws Photo by Victor1558

ふたつめ。

 それは、左手指を動かすときに、親指が他の指と向かいあうということ。たとえば、バイオリンの場合で言うと「1指を動かす」は「親指と人差し指で、つまむ」という動きだとも言える……と思ったのです。

どうして効くの?

 このふたつのことは、何かひとつの動きをするときには、最も動きの目立つことに意識がとらわれやすいということを示しています。

 バイオリン奏者が、指を動かして弦を触ろうとするときに1〜4指を意識するのと同じように、親指への注意力を払ってみると演奏に変化が起きたのです。

親指が1指へ向かう
親指が2指へ向かう
親指が3指へ向かう
親指が4指へ向かう

 OKサインを作ってみるとわかりやすいかもしれないです。

 名付けて「愛の挨拶」

 お父さん指の愛ですよ。

 以上、バジルさんとのレッスンで「愛の挨拶」を見てもらっていて学んだことでした。(2014-02-28 BodyThinkingからの帰りみちにて)

バジルさんのブログ

 バジル・クリッツァーのブログ | BODY CHANCE 所属アレクサンダー・テクニーク教師


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-BodyThinking受講メモ