バイオリンレッスンのお悩み相談室

学ぶよろこび、演奏する気持ちよさを取り戻そう!カラダが痛む、構えが崩れる、良い楽器なのに響かない、会話がかみあわない等……演奏とレッスンにまつわるお悩み解決のヒントとコーチングをお届けします

ボウイングの難しさと面白さのこと(弓毛の動きとサウンド・ポイントのこと)

2013/12/30

動かすのは弓毛
音は弦から生まれる

2013年最後のレッスンをうけてきました。
そのときのことを少し書いておきます。

2013年12月27日 BodyChance 音楽プロコース BodyThinking 受講メモ

バイオリンから音が出る、ということ

 私は、演奏するために、楽譜をやや右のほうに位置づけて立ちました。

 ボウイングをするとき、弓は右手に持っています。楽器は左にあります。

 ダウンボウのとき、弓は右へ向かいます。毛は弦に接したまま動いて、楽器から音が出ます。

何がどう動いている?

 弓毛は動きます。弦は振動していますが、弦の両端の位置は固定されています。つまり、音を出すために弓毛は動かす必要があります。でも、弦は動かさなくてよいのです。

 弓を動かすときに気をつけたことが良いことのひとつは「弓毛を動かす」ということです。ですが、これでは不十分です。

弓毛の運動が作用する「サウンディング・ポイント」

 弓毛が動いて、何をしているかというと、弦を振動させています。その振動をおこすために、弓毛と弦がくっついているところが「サウンディング・ポイント」と呼ばれるものです。

 ボウイングをするときのことを思い浮かべてみてください。弓毛の動きに比べたら、サウンディング・ポイント(弓毛と弦の接触するところ)は、たいして変わないのが見えますか?

 ボウイングの難しさは、コントロールが2つあると思ってしまいやすいことにあります。弓毛の動きとサウンディング・ポイント。

 ですが、実際にはシンプルです。2つのコントロールを、1つのコントロールにまとめられれば簡単になります。

シンプルなボウイング・メソッド

動かすのは弓毛
音は弦から生まれる

 ボウイングのための動きを考えすぎてしまっているときは、こう思ってやってみるのをおすすめします。

つづきます、お楽しみに…!


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-BodyThinking受講メモ