実験的な試み……ボウイング類語辞典をつくりまーす!

こんなページを作りました→→擦弦楽器の奏者・指導者のための類語辞典《ボウイング編》を見てみる

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス・二胡など、擦弦楽器の演奏をするとき、どんな言葉を使って指導をしていますか?

弦楽器を教わったときに「こんな言い方をしてもらったら、簡単にできた!」とか
「こんな言い方をしたら、音がめちゃくちゃキレイになった!」とか
そういう言葉づかいを、集めていこうと思います。

ひとまず私自身が思いついたものを書きだしてみました。
あと、アレクサンダー・テクニークを一緒に学んでいる仲間にもインタビューしているところです。

徐々に、どんなメリットがあるのか、なぜ効き目があるのか、あるいは、どんな思い違いを起こす危険性が潜んでいるか……。こうした事だけでなく、読者の皆さんから寄せられた「言葉と結びついた、レッスンの思い出」なども掲載していけたらステキだなーと思っています。どうぞ今後の展開をお楽しみに。

擦弦楽器の奏者・指導者のための類語辞典《ボウイング編》を見てみる


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-教えるスキル・指導力アップ