楽器奏者のための脳トレ〜10秒で楽器のイラストをかいてみよう

 レストランの待ち時間に、10秒でバイオリンをかいてみました。

10秒で自分の楽器をかいてみましょう

 こつは、ただひとつ。その楽器だとわかるものから書いていく。別の言い方をすると、「その楽器から音がでるために必要なものから書き始める」です。

自分の楽器を10秒間でかいてみるとき、何が起きているか?

 この「楽器をかいてみよう」とするときに必要なのは「何を描いたら、その楽器だとわかるか」を見つけることです。

その楽器が、その形であるのは、何のためか
その楽器が、その楽器らしさを示している特徴はなにか

 10秒でこれらのことを描き出すには、何を描きこむか選択する必要があります。楽器にとって本質的な機能は「音を鳴らす」です。

 音を鳴らすために何が必要か。このことを言い聞かせながら、絵を描いてみましょう。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール