「教える」「共に学ぶ」ということを、僕はいまこんなふうに考えるようになりました。

Twitterでもつぶやいちゃったけど、今日のレッスンで、この数ヶ月のもやもやが煮詰まった。というか、上澄みがとれたというか。

教えている自分が、いったいどうすればいいのか。

教えるって何?
観察って何?
ていうか、自分が教えることにどんな価値があるの?

いろんな疑問はあとからあとからつながって湧いてくる。

その疑問の泉は探究心の泉でもある。
自分を突き動かしてくれる、大切な好奇心という原動力だ。

その泉からほとばしり出るに任せるのも構わない。
でも、自分がほしいだけ、汲みだすことだってやってもいいし、できる。

そのために観察というツールがある。

使いかたはかんたんだ。次の質問を自分で自分に呼びかけてみよう。
そして、素直な気持ちで答えてみよう。

自分自身に向かって

「いま、どこにいる?」
「いま、何をしている?」
「それを、どうやろうとしている?」

もしも、そばにだれかがいるなら、一緒に考えてみない?と誘ってみよう。

それが、今のぼくが考える「教える」「共に学ぶ」だ。

これらを問いつづけることが、教えようとしている自分自身に必要だ。
それが観察という一言に含まれている。

「宇宙の始まりっていつなの?」……って、思った時が、宇宙の始まりなんだ。そう思い出した。
2013年10月11日 BodyChance 音楽プロコース BodyThinking、特別講師 Greg Holdawayによるレッスンの後、記す


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール