《音を出すことに練習など無い》師匠の言葉に改めて思う。

2015/03/15

音を出すということに
練習なんてものはないんです。

音を出すということは、
常に本番なんです。

 私がいつも心がけていることのひとつです。

練習とは?

 このことから、あらためて練習とはなにかを考えてみると、「音を出す」と決めるまでが練習なのではないかと思えてきます。

《構え》と《型》

 《構える》というのも、動かしようのない型にはまることではありません。音を出すために必要な動きに入っていくことが、本来の《構える》だと思っています。そのうえで、《型》とは《必要な動きに入る》ときの入門用の手がかりだと思ってみると、初心者に対してどう指導したらよいかが見えてくることでしょう。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-練習への取り組みかた